原発について
2011 / 03 / 17 ( Thu )
今日の計画停電は中止になりました。
それは、岩手、宮城、福島といった被災された地域に送るはずだった電力が、現地の復興が進んでおらず、需要が少ないために見送られたのです。
残念なことだと思います。

新潟は中途半端な立ち位置にあって、その時々によって甲信越とされたり、関東に属されたり、北陸に入れられたりしますが、電力に関しては東北6県と同じ東北電力です。つまり今問題を起こしている福島原発も先の中越沖地震で問題を起こした柏崎原発も東京電力で、私たち東北・新潟に住む人間にはなんの恩恵も受けないばかりか、こうして危険な目にさらされているのです。
東京電力はことあるごとに、絶対安全と唱えてきました。
でも本当に絶対安全と言い切れるならば、どうして生活圏内に原発を作らないのでしょうか。

今回の出来事で、安全神話は完全に崩れました。
福島の方たちは地震と津波に襲われただけでなく、放射線被曝の恐怖にまでさらされているのです。
これは人災だと思います。
想定外のことが起きたなどということでは片付けてほしくありません。
何があるかわからない、それにも対処できるだけの安全性を二重三重にも考え設計するのが本来の姿だと思います。
しかもすぐに事実を明らかにせず、ごまかそうとする体質、少しでも軽く思わせようとする体質も危険だと思います。
日本ではレベル4と発表していますが、フランスではこの状況をレベル6と捉えているそうです。
最終的にどの段階となるのかわかりませんが、一刻も早く収束することを願うばかりです。
| page top↑
| ホーム |