大地震
2011 / 03 / 16 ( Wed )
あまりの惨状に言葉を失って、ブログも書けないでいましたが、更新していないために多くの方にご心配を掛けてしまうことになってしまったことをお詫びします。心配してメールをくださった皆さん、ありがとうございました。


11日の午後、目の前がゆらゆらと揺れて、目眩がおきたのだと思いました。
でもしばらくしてそれが地震だと気づいてすぐにテレビをつけました。
実はその数日前に起きた地震を、たまたまその日はテレビをほとんど見なかったために
夜遅くなるまで知らないでいたのです。
東北には年老いた両親がふたりで暮らしているので翌朝不安な思いをかかえたまま電話すると
かなり揺れたけれど大丈夫とのことでした。


それから数日後のことだったので、慌ててテレビをつけたら、また東北地方が震源地の地震でした。
当初は詳しい被害は何もわからず、ただ大きな地震だということと、津波が来るから避難してと繰り返しアナウンスしていました。
慌てて実家に電話をするものの、いくら待っても誰も出ません。
実家は古い家で、耐震補強しようと業者に相談したら、しても無意味だと断られたくらいの家なのです。
いやでも、つぶれた家と、下敷きになってる両親の姿を想像してしまいます。
あるいは火災が起きているのかもしれないとも思いました。
1時間も電話をかけ続けてもつながらなかったので、思い切ってお隣のおうちに電話してみました。
お隣のおばさんは、ものすごい揺れだったこと、でも家が倒壊したりはしていないこと、そして地震と同時に停電してることをおしえてくださいました。
電話がつながらなかったのは停電してるせいだったのです。
今の電話はほとんどが電気を使っているので、停電すると使えない物がほとんどです。
とりあえず、大丈夫そうだということがわかってほっとしましたが、やはり声を聞くまでは心配です。
お隣のおばさんは親切にも私から電話があったことをおしえに行ってくださったそうで、母が機転を利かせて古い電話機を差し込んでやっと話ができたのでした。
かなりの揺れで怖かったみたいですが、無事を確認できてホッとしました。


でもそのときはまだこの地震がこれほどの被害をもたらすとは想像だにしませんでした。
今となっては記憶が定かではありませんが、津波にさらわれた街の惨状を初めて見たのはいつだったのでしょうか。
そのときの衝撃は言葉にならないくらい大きなものでした。
それから次々に入ってくる悲惨な現実を目の当たりにして、知らず知らずのうちに涙が流れてしまいます。
ほとんど放心状態の日々でした。


それと前後して、12日未明、こちらが震源地の地震がありました。
かなり大きな揺れで、私はアラレをパパはハリーを抱き上げ、何とかドアを開けて逃げ道を確保するのが精一杯でした。
日本はいったいどうなってしまうのだろう、と不安に駆られて朝を迎えました。


結局うちの被害は大したことはなく、2階の棚に飾ってあったトールの作品が何点か落ちたくらいでした。
その後、連絡がつかなかった東北の友人知人とも連絡がついてほっとしたものの、被災地の様子を見るにつけ、まるで自分が経験したかのような錯覚を覚えるほど、無気力に襲われて何も手に付きません。
過去に何度か大きな地震を経験してるせいかもしれませんが。


でも実際に被災された方たちのことを思うとそんなことは言っていられません。
こんなときこそ、しっかりした気持ちを持って、少しでも何かできることはないか考え行動していかなくてはいけないと思います。
とりあえずは義援金や節電くらいしかできませんが、節電は少しずつ意識してがんばっています。
こちらでも計画停電が始まって、うちのほうは明日停電します。
うちはオール電化で石油ストーブもないので電気が止まると何も使えない状態ですが、少しでも被災地の方たちの痛みを分かち合いたいと思います。
きのうは地震後初めて出かけました。
今年初めての給油をしに行ったのですが、規制がかかってるそうで10リットルしか入れてもらえませんでしたが、入れてもらえるだけありがたいことです。
お店では水が1本もなく、缶詰やカップ麺などの棚がほぼからっぽでした。
こんなときだから買い占める気持ちもわからなくもないけれど、自分への自戒も込めて、もう少し冷静にならなくてはと思います。


被災地で暮らす人たちに少しでも早く十分な物資が届きますように。
地震や津波で被害を受けた街が、一日も早く復興されますように。
被災された方たちの傷ついた心が少しでも早く癒される日が来ますように。
| page top↑
| ホーム |