アラレです
2017 / 05 / 07 ( Sun )
arare14th.jpg

皆さん、おひさしぶりです。今日はアラレの14歳のお誕生日なんですよ〜
あ、今、おめでとう!って思ってくれたあなた、どうもありがとうございます♪
でもね、実はアラレ、どういうわけかそちらの世界ではなくて、お兄ちゃんのいる世界で14歳を迎えちゃったんです。
びっくりでしょ?そういうアラレもびっくりしてるんですよ〜
何しろ、アラレはママのそばでまだまだまったりのんびり過ごそうと思っていたのに、突然神様からお呼びがかかって、急にこっちに来ることになっちゃったんです。

それなのにですよ、やっとのことで虹の橋のたもと近くまでやってきたら、そこの門番さんに止められちゃったんです。なんか閻魔様みたいなゴツイ顔したおじさんが、おまえはまだこっちにくるはずじゃなかったっていうんですよ。名簿にも載っていないからここから先は通せないって言うの。そんなこと言われたって、アラレだって好きこのんでこっちの世界に来たわけでもないのに、今更そんなこと言われたって困るじゃないですか。それでアラレは神様から呼ばれて来たんだから通して下さいってお話したんです。そしたらそのゴツイ顔のおじさんが本部と連絡を取って、なんかいろいろともめてるんですよ〜。どうやら神様が、他の子と間違ってアラレを呼び寄せてしまったらしいんです。でもそんなことが公になったら神様の進退問題に発展しかねないので、ゴツイ顔したおじさんは急に態度が変わって、どうぞお通り下さいなんて言うんですよ。プンプン。

それでやっと虹の橋のたもとに到着したんですけど、ここでまたまた問題発生。皆さん「虹の橋」のお話はよくご存じですよね。「虹の橋」は3部構成になっているんですけど、3つめのお話って読んだことがありますか?もしまだの方は是非検索して読んで見て下さいね。アラレは今、その3つめのお話に出てくる「雨降り地区」に足止めされてるんですよ〜
なんでってママがずっと悲しんで泣いてばかりいるからなんです。ママの気持ちはよくわかるけど、アラレ今はもうどっこも痛くないし、すごく快調なんですよ。それに気持ちはいつもママと一緒だから寂しくもないんです。ついでに言うと、こっちに来る前の1週間は点滴ばかりでほとんど何も食べていなかったので、今すごくお腹がぺこぺこなんです。だから早くここを抜け出して、お兄ちゃんたちのいる緑の草原で、日差しをいっぱい浴びておいしい物をたっくさん食べたいんだけど、ママが泣いているうちはここを出ることができないんです。おかげでアラレ、ずぶ濡れなんですよ〜せっかく可愛いワンピを着てきたっていうのに。

わたしがこっちに来たって知ったお兄ちゃんが時々様子を見に来てくれるんだけど、アラレの方からはお兄ちゃんがよく見えるんだけど、お兄ちゃんの方からは雨降り地区の中の様子が見えないし音も届かないみたいで、毎回アラレが大きな声で「お兄ちゃん〜〜ここだよ〜アラレここにいるよ〜」って言っても、全然気づかないできょろきょろして心配そうに振り返りながら戻って行っちゃうんですよ。
そのうちママが泣き止んだ隙を見て、アラレここを強行突破しようと思ってるんですけどね。

そんなわけでアラレは虹の橋のたもとの雨降り地区で14歳のお誕生日を迎えました。
そちらの世界に住んでいたときは、アラレのこと可愛がって下さって本当にありがとうございました。
アラレ、天使になっちゃいましたけど、これからもときどき出没するかもしれませんので、これからもどうぞよろしくお願いしますね。
それではまたね。


・・・・・・・・・・・
続きを読む
| page top↑
| ホーム |